代表者ごあいさつ
Message

インクレイブ株式会社 代表取締役 CEO 吉尾 徹

インクレイブは、『プロダクト開発(Product development)』と『受託開発(Contract development)』という2つの事業レーンをもつ ITプロダクト企業です。

プロダクト開発レーンでは、独自企画による IT製品開発とサービス提供を行っています。受託開発レーンでは、お客様からの要請に基づいたWebシステムやWebサイト、各デバイス向けアプリなどの開発を行っています。現在、国内43都道府県・海外4ヵ国の様々な業界や企業のお客様に、製品&サービスを提供中です。

この2つの事業レーンで積んでいく技術力やノウハウを行き来させることで、効果面やコスト面においてより大きな相乗性を追求するとともに、より先進的な製品開発とサービス提供の実現に活かしています。また、インクレイブ100%出資の関連子会社『インクレイブR&D株式会社』との不可分関係を活かした独自のマネジメントシステムを持ち合わせている点も、インクレイブの大きな特長や強みになっています。

ここから生み出していく製品力・技術力・サービス力を武器に、独創的な『 ITプロダクト企業』としてチャレンジングな事業活動を展開することで、お客様と地域社会への高い貢献を目指しています。

インクレイブ株式会社 代表取締役
吉尾 徹

代表者の主な経歴など

起業前は、大手自動車メーカーの二輪部門政策販社に在籍。従事してきた業務は、製品企画と連携したプロモーション戦略全般の立案と実行、販売網構築とリテールサポートを目的とするマーケティング戦略の立案、各種業界活動(安全運転普及やモータースポーツ振興)の企画立案と運営、LAPタイム集計管理システムの企画開発、など。その他、消費者向けの各種イベント等の企画運営などの業務にも従事してきました。

その後29歳で、平成8年に大手フィルムメーカー系DPEチェーンで起業独立。翌平成9年10月に「株式会社パワープランズ」で法人化。DPE事業では年間最優秀店舗賞を獲得(同系列1,240店中、第1位)。平成18年6月に分化させていたシステム開発会社を事業統合させて、現在の「インクレイブ株式会社」を設立。その後、平成24年4月、ITに関わる研究開発に特化させた技術専門会社「インクレイブR&D株式会社」を独立設置して、独自製品群を有するITプロダクト企業グループとして、国内外でサービスを展開中です。

大手企業の事業戦略に携わってきた経験と、小さな商売をゼロスタートから立ち上げて育成・拡大させていく経験と。その両方の経験とノウハウを活かした ITプロダクト開発&サービス提供を進めるとともに、小さいながらも大手成長論理を随所に取り入れた経営システムをもって、インクレイブらしい想いと血の通った「ものづくり・会社づくり・自分づくり」の三位一体の成功を、仲間たちと目指し続けています。

現在のグループ事業拠点は、仙台・東京・新潟・弘前。
趣味は、バイクとクルマ(モータースポーツ全般) 。

保存

INCRAVE SUPPORT INCRAVE SUPPORT MENU MENU
ページTOPへ戻る